「イノベーション」の創出・促進が政府の重要施策として位置づけられるなか、従来にないまったく新しいコンセプトや仕組みから新規な価値を生み出し、社会的に大きな発展をもたらすためにも、産学官連携の重要性があらためて認識されています。
 大阪大学では、政府の「大学知的財産本部整備事業」および「スーパー産学官連携本部」の実施機関に採択されて以来、知的財産の創出・保護・活用のための制度の整備、曖昧であった大学の研究成果の権利の明確化などに取り組むとともに、大阪大学独自の産学官連携制度である共同研究講座を導入するなど、大学の研究成果が産業界や社会に有効に活かされるべく、柔軟に産学官連携を推進してまいりました。
 「地域に生き世界に伸びる」をモットーとして掲げる大阪大学は、大学の研究成果、知的財産、研究設備、研究者などの全てのリソースを結集するとともに、地域との連携や国際的な連携を組織的に推進する総合的な体制と制度の整備、ならびに産業界に役立つ人材育成を行い、高いレベルの教育研究を通じてわが国の発展に一層貢献することを目標としています。知的財産本部、スーパー産学官連携機構は、先端科学イノベーションセンターと連携してこれらの活動を推進します。皆様のご支援をお願いいたします。


                           大阪大学知的財産本部長
                                   西 尾 章 治 郎

Copyright(C) 2004 Intellectual Property Office OSAKA UNVERSITY. All Rights Reserved.