文部科学省21世紀型産学官連携手法の構築に係るモデルプログラム
「組織的連携の態様とあり方」


●報告書

文部科学省21世紀型産学官連携手法の構築に係るモデルプログラム「組織的連携の態様とあり方」の成果報告書は こちら(PDFファイル 2741KB)


※下記のアンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。


●アンケート趣旨


科学技術立国を標榜し、わが国の持続的発展を図るためには単に科学技術の進展のみならず、真の産学官連携のさらなる推進が必要とされています。このような状況の中、国立大学法人化と前後して公私立大学も含め、産業界との連携をより効果的に進める為の窓口を設置、あるいは企業と研究推進の運営組織を設置するなどの改革により、大学と産業界の組織的連携の件数が増加しつつあります。
大阪大学では、文部科学省21世紀型産学官連携手法の構築に係るモデルプログラムにより、これらの組織的連携の実態及びそのメリット・デメリット等を合わせて調査することにより、組織的連携に対する大学ならびに産業界のご意見を取りまとめたいと考えております。お忙しいところ恐れ入りますがこのような状況に鑑み何卒ご協力いただきますようお願いいたします。


※ 本アンケートでの組織的連携(特定企業との組織的な連携:いわゆる包括的連携)とは、大学(部局も含まれます)と企業(複数企業も含まれます)が何らかの協定や契約の締結を通じ、組織的活動により研究・教育等で連携を図る形態を指します。つまり、大学の研究室と企業の一組織が1対1で行う従来形式の共同研究・受託研究(以下 従来型)は除きます。

回答は11月16日(火)までに電子メール(21@ipo.osaka-u.ac.jp)か返信用封筒、ファックスのいずれかでお願いいたします。

 

●アンケートダウンロード

 

企業様向け (Wordファイル)、(PDFファイル

 

大学様向け (Wordファイル)、(PDFファイル

 

 


●アンケートに関する問い合わせは、下記までお願いします。

  〒565-0871 吹田市山田丘2−1
  TEL:06-6879-4206,FAX:06-6879-4208
  大阪大学先端科学イノベーションセンター
     共同研究員:垣内 新吾
     Email:kakiuchi@casi.osaka-u.ac.jp



  〒565-0871 吹田市山田丘1−1
  TEL:06-6879-4025,FAX:06-6879-7039
  大阪大学研究協力部研究協力課
     研究連携掛長:山中 正
     Email:YAMANAKA-T@star.jim.osaka-u.ac.jp

Copyright(C) 2004 Intellectual Property Office OSAKA UNVERSITY. All Rights Reserved.